アルミのロバ 自転車記録

スポーツ自転車に乗り始めたばかりです
パンク修理もしたことないのに、自転車自組み挑戦中です
わからない事だらけですが、一から勉強していきます。
よかったら色々ご指導コメントお願いします。

カテゴリ: ホイール

ここ半年、リアが振れないようにするにはどうすればいいのか
スポークテンションが狂いにくい様にするにはどうすればいいのか
ずっと考えてまして

・丈夫なスポーク
・丈夫なリム
・太いタイヤ
・36Hで組む
・ヨンパチ組みにする
・硬く締めれるシャフトにする

この辺りだな~と思ってたんですが、もう一個ラージフランジハブも
いいかなと、教えてもらった
たぶん、明日になったら忘れてると思うので覚えてるうちに書き残しておく
この記事が公開設定になるのはいつの事になるかわからんけども

これを考えなかった訳じゃない
スポーク長が短くなればフレにくくなる
20インチの私のお買い物自転車は、ダンボール買いしてキャリアに積んでも
びくともしない、ホイールちっさいからね、タイヤもぶっとい
雨の日、駅行く用折りたたみ自転車は16インチだけど今日も元気だ

ホイールは小さいほど丈夫というかふれにくい
スポークは短いほど振れにくい
たわみ幅が短くなる
じゃぁ、ハブのフランジがでっかいピストハブなら、それだけ丈夫なはずだ
それはわかってたけど、あれってシングルギア用やん?
ラージフランジでシマノフリーがついてるハブなんか大昔に絶滅して
今ではビンテージなんとかしかないと思ってました。

改めてラージフランジはどうなん?って言われて
シマノフリーが使える奴なんかないよ、あっても超高級品で手が出ないよと
思ってたらあった!

サンエクシード [SUN_XCD]

ラージフランジリアハブ カラー:シルバー OLD:130mm シマノ9/10s対応

 
100000015977-l0

しかも、サイクルベースあさひWEBに

あとはアメリカンクラシックっていうのが、メジャー所らしい
DW0HHE3_0
 
両方ともシールドベアリングなので保守パーツの利便性を考えたら
アメリカンクラシックのがいいかもしれない

だけど、左フランジが内側に寄ってるのでせっかくのラージフランジが
台無しな気がする、残念


探し出すと結構でてくる
suz-i-shimano10s-a-r
 

ただ、アメクラのハブは1年持たないと言う
ソニーみたいな噂があって、重量に対して強くても
ベアリングやラチェットが1年で問題起こしちゃうのは困ったもんです

ラージフランジがあるなら、リアハブのオチョコ問題もあるし
フリー側だけラージのはないのかなと、思ったらそれもあった
ダウンロード
TNI エボリューションハブとか
フリー側だけフランジがでかい
ちょっと、ハイローフランジハブは難しそうなので今はパス
頭がついてかないよ

ラージフランジ
あさひのWEBにあった、SUNXCD サンエクシードのがちょっと気になるね

スポーク長や、スポーク角度の為ならリム高のあるリムで
上から狭めるほうがよさそうな気がする

そもそもスポーク長が短くなればスポーク負荷も上がるから
普通にシマノハブにOPENPROとかでスポークテンション高めに組むのと
変わらないんじゃないだろうかとか
振り出しに戻ってしまい、丈夫なホイールってなんなんだろう

結局マビックがいいのか? 
やっぱマビックのOPENPROがいいのか?

いいんだろなぁ、良いって言う人多いし
1本試しに買ってみようかな 

ラージフランジハブは良いのか悪いのかよくわからなくなってしまった
シールドベアリングって良いのか悪いのかわからん

頭疲れたので、当分ラージフランジの事は保留
情報が少なすぎるよ
そんなに良い物なら採用する人もっと多いはずだしなぁ~

う~ん
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

QVrYB
今年に入ってホイールを手組みしつつ、スポークが折れたり、ふれたりを
経験しながら、日々ホイール、スポークのことをもやもや妄想しつつ
自転車通勤してるわけですが、ちょっと妄想のたな卸し的な事をやってみます

取りとめもなく書くので文書的には下の下になりますがそれでもよければどうぞ

あくまで私の妄想なので、情報の信憑性はありません
間違いや、良いアイディアがあればどうかご指導願います
o0240032011022397105
体重が65キロ以下の人にはどうでもいい話です
50キロ台の男性は、もぅ女装して男の娘になってください
そんでそのままママチャリでヒルクライムに出てロードぶっちぎってください

私はあんまり速さを求める自転車乗りじゃなく
ある程度の積載量で、快適に移動できる事を目的とした自転車乗りなので
レース嗜好の人には怒られるかもしれん
01bokuharorensu
レーサーやメッセンジャーじゃなくて、行商人としての自転車乗りです
ひゃっはーツーリング行こうぜ!とかありません

ひゃっはー納品行こうぜ!保守しに行こうぜ!終電ないよ~
それでも行くよ~24時間保守だぜ、ひゃっは~です
 
リドレーフレームですけども、おもいっきりコンフォートなテンポです
日本で売ってるリドレーとは種族も価格も大違いです、超安物です

自転車って物はパイプが三角形に繋がってるものに
タイヤ付けてるだけで、マシーンとしてはひょろいよね
軽い人が乗るのと、重い人が乗るのとはでは求められる強度が
全然違うはずなんよ

なのに自転車やパーツの良し悪しに、体重の話はあんまし出てこないのよね
パーツにも一応最大荷重規定があるんだけど、もぅ必死で探さなきゃわかんないトコに
こっそり書いてあるのよね

軽ければ軽いほどいい!みたいな
確かにそうだけど、軽くすると強度が落ちるのが基本です
それをなんとかするには、金を積めよって話ですよ
そんなん庶民には無理
c6af80d7
実は私は重い!何キロとかちょっと言えない
プレスポがデフォで12キロです
んで、重たいマラソンタイヤ、泥除け、キャリア、前カゴ、リュック、パニアバッグ
あっという間に合計20キロ超えます
リュックとか本気で詰め込むと軽く5~6キロになります

元々サーバ筐体をリュックにいれて自転車移動する為に買ったので
サーバが10キロ~20キロ、HDDてんこ盛り、電源容量によっては
30キロを超えます

仮に私が50キロでも、これで100キロ 0,1トンです。

images
日本の自転車のJIS規格では乗員重量を
幼児車 20キロ
子供車 40キロ
一般車 65キロ
としています

積載加重は
スポーツ車10キロ
シティ車15キロ(いわゆるママチャリ)
実用車 30キロ(新聞屋さん、郵便局仕様の自転車とか)
小型車 10キロ

乗員は65キロぐらい 荷物積んでも10キロくらい
だよね
お米買ったら、その時点で荷物10キロやん
idx_img_mark

また別の規格でBAAだと分類は8種

1.スポーツ車(MTB類形車を除く)
2.MTB類形車
3.シティ車(メインパイプが1本)
4.シティ車(メインパイプが2本以上)
5.折りたたみ車
6.幼児車
7.電動アシスト自転車等
8.幼児2人同乗用自転車

プレスポも標準仕様のパーツもだんだんなくなってきたし
ロードはフレーム買いの自分組み立てだし
こういうJISやBAAとかね、そういうのも知っておくべきかなと
脱線してきた、規格の話はまた別の機会で
o0240032011022397105
荷物が少ない時には快適に走れるんだけど、荷物が多いとね
確実にスポークテンションが狂うというか、落ちる

この半年、ホイールの手組みしてみて
乗車中はリアのスポークがどうなってるのか
締めたらどうなるのか、ゆるいとどうなるのか
走りながらリアホイールの状態をお尻で感じつつ毎日通勤してみました。

重いと、段差、登り坂、リアのグリップを効かせた時、漕ぎトルクがガツッとかかったときに
スポークがたまに支えきれなくなってます

上手く説明はできないけど、ホイールに負荷がかかったときに
スポークとリム、ハブの3角形が
elephants-300x231
俺!力強く支えてますからぁぁぁぁ!って感じと
あ、あ、あかんって言う感じが、お尻で区別できるようになって来ました。

スポークのテンション、リムの剛性がしっかり効いてるときは
衝撃もダイレクトに来ますがガツッとストレートな波形がきてタイヤでぶにゅっと着地する感じ

あかんときの衝撃は、ガチャっと衝撃にディレイがかかった感じ
んで、そういう後にスポークを調べると
テンションが下がってます

お尻感覚は私の匙加減なので適当な事言ってるんですけども
p50_20110528_135832
スポークテンションが落ちるってのは、ほんとです
ちゃんとスポークテンションメーターで計ってます
パークの奴買いました

これが32H分32本、綺麗にバランスよくテンションが落ちればいいんですが
衝撃で落ちるときは、衝撃に関わったスポークだけがテンション狂います

すると、そこだけセンターが狂って、いわゆるフレになってしまいます
酷くなるととブレーキシューにそこだけこすれます
スポークテンションは落ちれば落ちるほど落ちやすくなります
なので、1本だけガクガクになったりします
 
狂ったままにしておくと、左右から支えてるスポークの片側が仕事しなくなったり
仕事しすぎて過労死したりする 

200センチに天井があるとして、この天井が上から押されて下がってきたとすると
170センチの人と150センチの人が同じ天井を支えてても
負荷に抵抗してるのは170センチの人がほとんど全力で支えてる形になっちゃって
んで、折れる

リムが振れる、スポークが折れる、シュー当たりするとか
縁のない人には、ほんとに縁がないんですけど、耐加重以上の負荷をかけてる人には
よくある話です。

重くなくても、ペダル踏み力がすごい人でもなります
デブと豪脚で発生します。

こういうこと言うと、外国人はでっかいし100キロくらいある人がロードレース出てる!
とか言われるのですが
いや、ちゃんと外国人もデブはスポークポキポキ折ってます

やべ、スポーク折れた、修理費用ってどんくらいよ、マジで
自分でなおせる?

とか、その国の2CH的なトコで困ってますので
Broken Spokeとかでぐぐって翻訳するとタノシアルネ

フレームももちろん強度問題があるけども
これは自分でどうこうできないし、そう簡単にほいほい交換できないものだから
考えから外すね
 100301chui2
でも、1万円以下のバイクはフレームもやばいよ
MTBもどきとか、普通にある日いきなりフレーム折れるよ
ちゃんと、悪路走行禁止ってシールがこっそり張ってあるから

フレームを除くと、耐加重性能は、ハブ、スポーク、リム、タイヤ、シャフトが担うわけです
んで、これらは、右と左の三角形が上下4つくっついて菱形で形成されています

スポーク長計算を真面目に手動でやると、普通に三角関数の計算になります
底辺と高さを測って、三角関数で残りの辺の長さを出す計算になります

底辺はハブとシャフト 高さはリムできまり
斜めの強度はスポークに依存します
細かく言うとニップルだとかありますけども

底辺は広いほど強度があります
ロードエンド幅130 MTBが135 実用車が140~145でバラバラなのは
求められる強度が違うからです

エンド幅は広いほうが丈夫です
クロスバイクで130と135がありますが
体重や積載重量、路面の荒れ具合で選ぶといいかもしれません
友達が重そうなら135で
超重い友達なら、29erのMTBとか勧めたほうがいいかもしれません

これ言うと、昔は126ミリだったよ
それでもツーリング荷物満載でやってる人はいたって事になるんだけども

いわゆるツーリング車は26インチや650のタイヤで少し小さめのタイヤで
スポーク本数も多く、自分でフレやテンション調整ができたり
シャフトの固定がボルト締めだったり、それなりに予算と知恵を足回りにかけて 
タイヤを衝撃吸収性の良い物にしてホイール負担を下げたりね
わかってる人のたしなみだった訳で
そんなんやる人だいたい、細いしさ
ツーリング積載にもコツがあってリアには加重は低めに抑えたりするモンらしいです
ってね、峠輪業のじっさまが言ってたよ

やる人はね、折れようがなんだろうが、今も昔もやるのよ
外国人のマッチョも時々スポーク折りながらでも、楽しく自転車漕いでるのよ
そもそも、私は荷運びなら、車かバイクでやれ!って話やん?
みんなマゾか変態の親戚筋だよ 

三角形は高さが低いほど耐加重性能が高い
とんがって長くなればなるほど加重強度は下がる
700Cはタイヤサイズが大きくて、加速性も良く素敵だけど
ホイール強度的には
三角形強度的には、ちょと高さが高すぎる

ペンシルビルと、広い敷地で平屋建てだと
そりゃ、条件一緒なら、平屋建てのが地震には強いです
私はエスケープを選択肢には入れれませんね

3人乗り自転車に20インチが多いのは
子供乗せスペースの確保もあるけど、耐加重性能的な意味もあるんやろなぁ~とか

スポークだけでなく金属加工技術では現代のがはるかに優れてて
軽かったり、細くても昔より強度があります
昨今40Hのリムやハブはあまり見かけなくなったけど、昔は普通にあった
だんだん36Hもお買い得品が減ってゆく・・・困った

最近ロードもギアが増えて、おまけにディスクブレーキもつけよかーみたいな話で
実質のスポークと繋がる三角形の底辺が半分くらいになりそうなので
エンド幅増やす?どうする?とモヤモヤしてます

◆ハブ
ハブはそうそう交換もできませんけども
硬くて丈夫じゃないと、スポークはハブの穴に首ひっかけてるだけですから
スポークは折れても交換できますが、ハブの穴が負けちゃう訳にいかないので
丈夫である必要があります

◆シャフト
クイックシャフトとか、ハブとシャフト一体型とかありますが
フレームのエンドとハブをきっちり固定しつづける必要があります
ここがやわいと、三角形の底辺位置がぶれて三角形の強度が下がります

◆スポーク
スポークは太くて丈夫なんがそりゃ良い訳ですよ
スポークも伸びます
伸びるっていうか、折れる手前、ひっぱられすぎて金属的に
だる~んってなります
あんましキンキンに締めると結構すぐなります
逆にスポークがそうならなければ、スポークがリムを食い破ります
丈夫でなければいけないけども、一番最初に壊れるのはスポークでなければいけません

特にリアのスポークは、加重を支える仕事をしつつ
クランクからスプロケ、そしてハブへと伝動してきたトルクをスポークがひっぱって
タイヤをまわしてます
穴から進行方向逆向きに生えてるスポークがトルク伝動の仕事をしてます
ダウンロード
プロレスラーがやるジャイアントスイング
足持って回す奴、あれを32人が32人をぶん回してるのが32Hでのトルク伝達
32人が32人を円になって等間隔でジャイアントスイングしてて
回されてる人が死にそうになるのはどういう時かって事よね
 
ブレーキかけたら逆トルクがかかるし
ディスクブレーキなんかはリムじゃなくスポークにダイレクトに力がかかるので
130ミリで11段でディスクブレーキ?

前に後ろに加重がかかって、上から体重の加重がかかって、路面荒れてたら路面からの突き上げも食らって
デブはやっちゃダメだと思う

じゃぁ、商品を積む行商人の自転車としてホイールをどうすればいいかと言う所で

お金めっちゃかかるのは無理
レアグッツすぎてなかなか手に入らない部品は使えない

ってなると
スポークも13番、12番と言うわけにもいかず
14番手が一番、流通してて手軽に入手できる
お値段的には、星14プレーンが、がんばってDTチャンピオン2.0プレーン

ホール数は36Hが限界、40Hは一般向けにはない

リムは、マビックとかベロシティの丈夫系とか
OPENPROとかいいのはわかってるけども1本8000円もするのよね~
う~ん、う~ん、悩む
でも8000円なら買えん額でもないしね
いやぁ、プレスポにそんな金かけてもなぁ
う~ん、う~ん、保留

タイヤは太いほどいい!
けども走行性も大事、どこで妥協するかってとこですが
やっぱり28Cだと思います

28Cならテンポでもプレスポでも使えるし、私的な妥協点は28Cにしました。

んで、シャフト
スルーアスクルで三角形の底辺を超タフネス仕様に!ってのが最近流行ってますけど
まだまだ金持ちの道楽っぽいので今回はパス
クイックじゃなく六角締めの奴できっちり締めるのが一番いいと思いますが
小まめにホイールメンテしなくなりそうなので
クイックでなるべく良い奴
本物の自転車乗りさんは、1本で1万とかそんなの使ってるらしい
う~ん、前後2本で3000円くらいでカンベンしてよ

行き着く先が700Cのランドナーが欲しいって言うのはなんとなくね
700Cのグレートジャーニー買ったほうが速いけども
自分で組んでみたかったんやもん、勉強も兼ねてね
 
上の対策でもダメなら650でもいいかもしれん
どうせ手組みするんだし


とかが~最近の妄想の経過です。

そこは間違ってるよとか

こういう便利アイテムあるよとか

私がサーバ背負って坂道を立ち漕ぎしても、へこたれない自転車になるようなお知恵があれば
よければご教授願います
暇あれば、こんな事ばっか考えてぼ~っとしてます

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

20120510050806fb7

今回も素人の妄想です。
そうなんじゃないかな~ってだけで科学的根拠とか
全然ないので、真に受けないでください
というか、よかったらそうじゃなくて、ほんとはこういう意味なんですよ
って教えてくれるとうれしいです


ホイールを組んだりしてて、オチョコがすげ~嫌
妙に気になるのがエンド幅
ロードは130mm クロスやMTBは135mm
クロスは130mmと135mmのがあって、エスケープは130mmなので
だからいいんですよ~という記事をあちこちでみかける

ん~~~~~~
本当に130mmのクロスバイクが万歳!なら
みんなそうするでしょ?最初から130mmのクロスバイクがいっぱい出るでしょ
たった5mmやん?
130mmの安価コンポだって山のようにある

正直130mmで11速用のホイールなんか、オチョコ酷すぎて
絶対組みたくない
手組みじゃ10速が130の限界な気がする
1日走りきれればいいってレースならともかく、日々の運用では強度って大事

エンド幅が長くなれば、ホイールの強度はあがる
なんで?って言われても数学的には答えられないけども
イメージ的にはさ
END
雑にペイントで書いた、ぶれてるのはご容赦

二人で乗るタンデム車のエンド幅は145mmらしいです

参考:自転車探検!
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/frame.html#end_width

このサイトは本当に勉強になります

三角形は底辺が広いほうが多方向強度が高い、特に横剛性
人間も踏ん張るときは足を肩幅に開くよね
足と足がくっつくくらい近くじゃ上下の加重はなんとかなっても
少しでも斜めの圧には耐えられない

それとハブとハブシャフトの金属量が変わってくる
ハブ、ハブ軸 全部ひっくるめてハブとするけども
ハブはフレームの一部だよね
一番加重と戦ってるのはハブやん?
ハブの先からはつながってる金属もうないんだもん
ベアリング球が回りにいるだけで、フレームという固定されてつながってる物の
最終地点がハブだよね

あれ?ハブって、めちゃくちゃ大事じゃね?
クイックだと、クイックシャフトの品質もめちゃくちゃ大事じゃね?
小銭で訳わからんパーツグレードアップとかするなら
ハブだけでもデュラにしろよ!とか良いんじゃね?

エンド幅昔はもっと細かったのよね
古い競技用自転車とかたまに110mmとかあるよね
今は120mmだけども
競技上のまっすぐで整備された道しか走らないならそれでいいのよね

ロードも昔は120mmだった
だけど、競技用のシングルギアって訳にもいかないし
120mmじゃ、スプロケ幅が取れないやん

ちくしょう7速は欲しいぞ! 120mm→126mmへ

おい!7速じゃたらねーぞ! 126mm→130mmへ

って感じで多段ギアのロードは130mmへ落ち着いたらしいです
今は時代は11速
もっともっとだ!ロードも135mmにしちまえってなってないのは
エンド幅が広がれば、チェーンステーの八の字が広がる訳で
それって、チェーンラインが外側に行くって事なので
Qファクターが広がるって事で
フロントダブルの、リア130mmくらいがなんか丁度いいって事になったらしい

昨今では11速でもまだたりねぇ、もぅ135mmのロードもありじゃね?
という人もいるとか、いないとか

もちろん、MTBはフロント3段、ロードはフロント2段が多いってのも
ないわけじゃないけども
ティアグラもSORAもフロント3段バージョンあるからね
そこらへんはなんとも・・・

シクロクロスフレームなんかでは、もう出てますよね135mmのエンド幅で
ロードコンポーネントの物が

それにギア以外に横幅を取る人気のアイツ
ディスクブレーキ
同じエンド幅で、左にディスクブレーキ領域、右にスプロケ領域
そんなんしたら実質スポークが支える三角形の底辺はどんどんなくなっちゃう
コルナゴやリドレーなんかはもう135mmで出し始めてますよね
RRR

◆シクロアイワード
流行の兆しあるディスクブレーキ仕様シクロクロスバイクをフレームから組んでみる

ディスクいいよね~、重くなるけどさ、通勤で雨降られちゃったら
欲しくなるです、フレームに自由度が効くし

脱線してきた
エンド幅が広い、狭いってのはどちらにもメリットデメリットがある

エンド幅狭いと
Qファクターが短くなる
無駄な空気抵抗減る
ホイールの強度、横剛性は落ちる
 リムも細くなるからね、金属量の少ないリムに
 リム幅の小さいリムになるよね
 そう考えると、エアロとか関係なく、強度面をとっても
 すこしディープリム気味になってるリムが望ましいのかもしれないね
必ずって訳じゃないけども、タイヤとフレームの隙間も少なくなる
泥除けなんかは厳しいね
ディスク化したら、スポーク三角形の底辺が酷い事になる

エンド幅が広くなると
チェーンステーが広がるのでQファクターが広くなる
無駄な空気抵抗が生まれる
ホイール強度は上がる、リム幅の広いリムが使える
強度面においては、普段乗りには135あたりがベストだと思うのよね

よく、130mmのクロスバイクはロード用のホイールが使えるから
商品選択肢が広がるよって言うけども
規格選択肢はぐっと下がってしまう

売っているアイテム数は増えるけど
その種類は減る
135mmのフレームってだいたい、ものにも寄るけども
23C~32Cくらいまでタイヤ選択幅がある
泥除けもフルフェンダーで付けれるモノが多い
ブロックタイヤも履ける

強度面とタイヤの選択幅においては、エンド幅135mmって
悪い事ばかりじゃないんだよね
みんなより早く!より軽く!空力的に有利に!ってそんなのばっかし
目につきますけども

普段乗る移動手段として、毎日の足としては135mmって悪くない
泥除けもディスクブレーキも欲しい
縁石も乗り上げたい、トラックが通る道はアスファルトもボコボコだ!
小まめにスポークテンション管理もやらないぜ

そういう日々の暮らしの自転車にとって
135mm幅でいいハブつかって、ぶっといスポークをきっちり32Hで
ちょっとエアロ、ディープリムでリム金属量もしっかり取って
そんな後輪で毎日を過ごすのもいいと思うんですよね

とくに雑乗りクロスバイクなんかは

130mmで極限まで軽い無駄を省いたロードバイクはもちろん素敵です
速いです、軽いです
しかし、レーサーでもないかぎり日々の暮らしとの妥協点も必要です

体重が70キロ以上ある
結構荷物を自転車に積みます
走行コースに結構荒れた路面がある
ホイールなんてメンテしねぇ
そんな人には135mmのクロスバイクやシクロクロスもなかなかいいんですよ

135mmじゃホイールの選択肢が困るのは確かにそうなんですが
ん~なもん、自分で組むなり、タキザワで組んでもらいなさいな
タキザワいいよ~、とりあえずカタログもらっときなさい
時々、全品10%オフだw
という、ステマならぬ、モロマ 私はスポークここで買ってます


自転車でこれがいい!この規格が最強!なんてのは
乗る人やコース、目的、重量なんかでまったく違う
明確な方向性が違う論議は成り立たないから
速い!軽い!とにかく速くってのはみんなの方向性が
一致するので議論しやすいのよね 

自転車どれがいいんですか
どれが速いんですか
いつまでも難しい問いですよね~ 

とゆうか、ヤッスイ価格の物であれこれ言うなら
いいのん買いなさい
諭吉積め、5万台なんてみんなどっこいどっこいやん
後々のパーツ交換?そんなん気にするなら最初からいいの買え

見て気に入っちゃったのが、いい自転車だよ
大事にメンテしたげてくださいな
ってのがついついファイナルアンサーになってしまいますね 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

001
届きました~
前回、スポーク長計算した結果出た長さのスポーク

286mm  278mm 

タキザワサイクル普段は翌日配達してくれるらしいのですが
セール中でてんてこ舞いでなかなか来ませんでした

004
さっそく穴に通して行きます
005
さっそく間違えました、長いほうをフリー側に刺しちゃった
やり直し
006
こんな感じ?

進行方向にヤマアラシ

008
イタリア組みは
進行方向にヤマアラシ
009
進行方向にヤマアラシ・・・・あれ?
あ、フリーと同じ用に組んだら、逆向きヤマアラシになってしまうのか

またやり直し


011

今度こそ、ダイジョプ?
あ、バルブ穴の上であや取っちゃった
もぅいい、反フリー側はちゃんと隙間あけたので、空気入れるのは困らないので
もぅ、これでいいや

010
ざっくりふれとり

012
中古ハブなので、ハブもグリスアップしなおし
回転は悪くないんだけど、中身はどうなってるかな?
013
一応、グリスは残ってる
でも、こげ茶色
開けちゃったし、綺麗にしてグリス再注入しましょう
016
反フリー側のベアリングとシャフト
015
フリー側のベアリング
どっちも9個づつ

全部綺麗にして、シマノグリスをたっぷり差し込んでおきました

017
球当たり調整ってわからん
ごり?こり? ごりごり抵抗あるとこから徐々に緩めて
ゴリゴリならないとこで、ロックリングでロックしてみました
019

スプロケもはめちゃう
おにゅー
023
とりあえず、完成!
スポークテンションをどうしようかまだ決めかねてる
とりあえず、最低限のテンションで組んでみた
ならし運転でテンションはぐちゃぐちゃになっちゃうと思う
024
あ、リムが細い
Vブレーキがぶかぶかだ、ワイヤー再調整
じゃー慣らし運転に行ってきます

025
せっかくなのであさひに来てみた
定期点検をお願いする。
自分以外の他者の目で自転車を見てもらうのは大事だと思う

慣らし運転中どんどんスポークテンションが落ちる
緩めのスポーク
最初はいい感じだったけど、だんだんシティーサイクルみたいな乗り味に
MTBみたいになってきて、最後はビーチクルーザーみたいな
ふっかふかのリアで、ぼよんぼよん
これがだるいホイールか

ツーリング車はフロントを8本組みで緩めに組んで
サス代わりの衝撃吸収性の良いフロントを作るとか言うけど
フロントなら低いテンションいいかもね

20キロくらい慣らし運転でスポークのなじみを取って
フリー側を人差し指と中指だけでニップル回せる限界のトコまでテンション上げて
それにあわせて反フリー側でフレ取り、センター出しして
なるべくフリー側と反フリー側のテンション差が出ないように組んでみました
テンションメーター持ってればいいんですが、アレお高いので買えません

027
完成!

乗ってみる
いい感じ~
後輪の安定感ハンパない
これなら多少荷物積んでも、段差乗り越えても大丈夫!
プレスポ標準のホイールは、柔らかリムなので
今回は剛性と丈夫さがあるホイールを狙ってみました

リムハイトがあるリムは、金属量も多いし、スポーク長も短くて済むので
丈夫で、フリー側ばっかしに負担行かなくなるかな~と思って選んでみました
エアロとか知らん

後輪がぶれなくなったので、直進がだいぶ楽になりました。
登り坂でトルクロスが少なくなって
グィグィッと上れる感じです。

リム2000円 DEEP V 700C 新品(展示品処分)
ハブ1000円 DEORE LX (中古)
スポーク1500円 星#14番 プレーン 
合計4500円

似たような完組みホイール買ったらいくらくらいなんだろ?
売ってるホイールって、なんかスポーク少なくて
速そうで、すぐ壊れそうなのばっかしで
荷物積んで毎日の通勤に向いてるホイールって売ってないのよね

自分で組めば自分の欲しい能力のホイールを好きに選べるからいいね

基本、帰宅は毎日深夜走行なので
こんどは、フロントホイールをハブダイナモで組んでみたいです

素人でも、なんとかホイール組めました。
明日にはぶっ壊れちゃうのかもしれないけども・・・・

ホイールの勉強は以下の二人の大先生、ぐぐって検索したいろんな人を参考にしました

サイクルメンテナンス

のむラボ日記



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

00a1

ハブとリムの組み合わせはこの二つにしてみました
DeepVが一番丈夫そうなので、通勤自転車には良いかな~とかそんな判断基準です

組み方はヨンロクのイタリア組みにしてみようかと思います
ヨンロクで組んでる人がぐぐったら多かったので
素人はベテランの皆さんのマネをするのが無難です
武術の伝承とはすなわち、模倣から始まるのだよ!
という名言を信じます
 
たぶん、同数組みをするとオチョコが違うのでフリー側ばかりテンションが
かかってしまうのを避ける為なんじゃ~ないのかな~とか想像してます
実際プレスポがその状態になってます

とりあえず、メジャーとノギスを用意しました
001
スポーク長計算の為にメーカー表示の値を調べる

Deep V 700c

RIM SIZE: 700c
WIDTH: 19mm
HEIGHT: 30mm
TIRE INTERFACE: Clincher
VALVE: Presta 41 - 55mm
BEAD SEAT DIAMETER (BSD): 622
EFFECTIVE RIM DIAMETER (ERD): 581
WEIGHT: 580g
 

FH-H570

わかったのはこの辺だけ
  • 対応スピード:8,9段
  • オーバーロックナット寸法:135mm
  • ハブ軸長:146mm
  • ハブ軸径/材質:10/スティール
  • 穴数:36/32H
  • 重量(クイックレリース無し):365g
  • カラー:シルバー
最近のLXの情報はあったのですが10速化してるので
だいぶサイズが違うようです
ハブの詳細情報はググッても出てきませんでした
実測するしかないですね

飯倉式でやってみたいと思います

◆リム側
リム内径(3箇所で測定) 571mm
リム半径 285.5mm
スポークのリム内めり込み分 5mm

リム内径(めり込み分込み) 581mm
リム半径(めり込み分込み) 290,5mm
ERDメーカー公表値が581mmなので、大丈夫そうですね

値A:リム半径は290.5mmとします。

◆ハブ側
LXなのでエンド幅は135mmです。
ハブの直径も測ります
直径37mm
半径18.5mm

値B ピッチ円半径 18.5mmとします。

次に左右差、ロックナットからフランジまでの距離
すごい測りにくいです1mm程度なら誤差範囲で良いというのを信じます

左 反フリー側 24mm
右 フリー側 39mm

エンド幅135mm
半分は67.5mm

値C左側:67.5-24=43.5
値C右側:67.5-39=28.5

A=290.5
B=18.5
C(L)=43.5
C(R)=28.5
反フリー側6本組み cos 0.3827
フリー側4本組み cos 0.7071

計算する

まずは左側(反フリー側)

(A自乗+B自乗+C自乗)-(2×A×B×0.3827)
=(84390.25+342.25+1892.25)-(2×290.5×18.5×0.3827
=86624.75-4113.45095
=82511.29905

これをルート計算で
XL=√82511.29905
=287.247800774871
端数は切り捨てて
=287mm

次に右側(フリー側)
(A自乗+B自乗+C自乗)-(2×A×B×0)
=(84390.25+342.25+812.25)-(2×290.5×18.5×0.7071
=85544.75-7600.26435
=77944.48565

XR=√77944.48565
=279.1853965557654
端数は切り捨てて
=279mm

一般的なスポークで組むので
スポークの首部分が計算に入ってないので1mm引きます

286mm 16本 右278mm 16本 となった(ホントか?)
ハイトが30mmのリムなのでこんなもんなのかもしれない

ネット上のスポーク長計算機でも試してみる
スポーク長 計算器
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.length.html
左 286mm 右277.9mm

うん、ほぼ同じ

別の計算機
http://www9.ocn.ne.jp/~cycle/tips/wheel/wheel.html
左 286mm  右278mm

これも同じ

反フリー側 6本組み 286mm 16本
フリー側 4本組み 278mm 16本

って事で良さそうですね
飯倉先生も1mm以下は誤差範囲で良いと言ってるので大丈夫でしょう

同じ組み方にした時、だいたい反フリー側=フリー側+2mmなので
反フリー側も4本組みした時のサイズも測ってみます

(A自乗+B自乗+C自乗)-(2×A×B×0.3827)
=(84390.25+342.25+1892.25)-(2×290.5×18.5×0.7071
=86624.75-7600.26435
=79024.48565

XL=√79024.48565
XL=281.1129410930774
XL=281-1
XL=280

反フリー側=フリー側+2mm
280=278+2

うん、なりますね

じゃぁ~
286mm 16本  278mm 16本 予備に+2.3本
を買うことにします。

どこで買うのがいいんでしょうね
タキザワさんがバラ売りしてるので、とりあえずタキザワさんで買ってみます

◆サイクルショップタキザワ
http://www.takizawa-web.com/

プレスポ用なのでそんなに高級スポークにするのももったいないし
星の14番 ストレートにします
244-278 HOSHI #14 2.0X278mmストレート 18本 ¥40 ¥720
244-286 HOSHI #14 2.0X286mmストレート 18本 ¥40 ¥720

予算も許容範囲かな
届いたら、続きをやっていきましょう


これで大丈夫なんだろうか・・・・
不安

超不安・・・・
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自転車を自分で組んでみようといろいろやってるので
せっかくなのでホイールも自分で組んでみたい

プレスポのリアホイールがかなり酷い状態なので
最初に練習もかねてプレスポのリアホイールを組んでみたいと思います

※フレるのが嫌でスポークテンション上げ過ぎたらリム食い破りがいくつか出てしまいました
あさひが悪い訳じゃないからね、私のスポーク調整の腕の悪さと、お腹の脂肪が重いのが悪いのよ

ここ数ヶ月、暇なときにホイールの手組みのページを見てたんですが
あまりに奥が深すぎて、一向に理解出来ないでいます

とりあえず、実際やってみて失敗を繰り返してみようと思って
リムとハブの格安出物を見つけるたびに買い集めてみました。
リムの良し悪しがまったくわからないので購入したパーツの仕様を
ググッて確認したいと思います。
1本3000円以下で探してたので、そんなに良い物はないとは思います
お使いの方や詳しい方がいればどんなリムなのか教えてくれるとうれしいです
001
◆1本目
ALEXRIMS R400 32H
重さ 400g
穴数 32H
バルブ穴  AV

alx-r400-700c-2
持った感じ
プレスポのよりは軽くて丈夫な感じ、そこそこ丈夫そうこれを基準にしてみる

005

◆2本目
VELOCITY DEEP V 700Cリム  サイドCNC

カラー:BROWN
リム内幅:13.5mm
リム高:30mm
仏式ロングバルブ対応
リムブレーキ対応
重量:約520g

オーストラリアのメーカー
持った感じ
そんなに重くないし、すごく丈夫そう、がっしりしてる
海外の自転車便の人が愛用してるらしい
展示用品の処分なので、これ1個 この色だけだったけど
コレ、すごく良いかも
 
007
◆3本目、4本目(2本セット売りだった)
トラディツィオーネ [tradizione] 700C 32H 

重量:390g
リム高:17.6mm
CNCサイド
アイレット
スリーブジョイント
内径:596mm(シルバー)
ERD:602mm(シルバー)

持った感じ
軽い!あと見た目がシンプルで綺麗
 
009

◆5,6,7本目(3本で投売りされてた)

Maddux Jalco DRX6000 (700c) 32H
Size 700c
Effective rim diameter (ERD) 594.0 mm
Offset spoke bed (OSB) 0.0 mm
490 g

bianchiの完成車に良く付いてるらしいです 
持った感じ
そんな軽くない気がする、プレスポよりは全然いいけど
でも丈夫な感じ
高さのあるリムは、丈夫な感じするね
重くなるのかもしれんけど、リムの面積が増えるし
スポーク長が短くて済む
リアのおちょこ具合も少しはマシになるから、丈夫さ狙いならこういう形のがいいかも
エアロなんかどうでもいい

rims9_22

011
◆8,9本目
ALEX RIMS X202 700C 36H

サイズ:700C
ETRTO:622
カラー:シルバー
ホール数:36H
ジョイント:ピン接合
重量(カタログ値):600g

持った感じ
重い気がする、丈夫な感じもしない、プレスポリムに近い気がする
安いだけあって、それなりなのね
1000円以下の値段だった・・・・太いタイヤテスト用に2本買ってみた

eri-5-2

003
◆10本目
MAVIC CXP12 36H

500円
古いリムらしく
どういうリムなのか情報がない
持った感じは丈夫そうでいい感じ
36Hでリア組むならいいかもしれない
テンポの36Hリア用にしよう



013
FH-5500 O.L.D130(32h)8.9.10速

テンポがコンポを全部105にしてるのでテンポ用


014

HB-5500 O.L.D100(32h)


015

SHIMANO  DEORE HB-M510 32H

プレスポ用に購入


016

SHIMANO  DEORE FH-M510 32H

プレスポ用に購入

ホイールは2セットあれば、メンテも修理も
とりあえず、予備にかえちゃえば通勤に影響ださなくてすむので
リアだけでも2セットつくりたいです


019

Shimano Deore LX HB-M570

プレスポ用に購入 サイクリーで1000円以下だったので衝動買い 



020

Shimano Deore LX FH-M570
プレスポ用に購入 サイクリーで1000円以下だったので衝動買い 



021
Shimano STX HB-MC30-CH 36H

36Hでも遊んでみたかったので購入
新品だけど、古い時代のハブらしい
今のグレードで言うとDEOREグレードだそうです。

022

Shimano DH-3D72 Dynamo 6v 3watt 32H Disc Front Centerlock Bike Hub Silver

ディスク用フォークは持ってないんだけども中古品が安売りしてたので
ハブダイナモってどうなのか気になってなのでお試しで購入
フロントハブのオチョコを組むってのもやってみたかった
 

さて、どのリムとどのハブを組み合わせするのがいいんだろうか 
組み合わせを悩んでみて

決まったら、測量して、スポーク長を決めたいと思います 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ