IMG_20161105_130200
サイクルモード、いわゆる販売目的の商用ブースだけでなく
自転車の専門学校のブース
生徒がこんなん作りましたよって展示やね
商用品のまがい物がほとんどだったけども、そんなものはプロの匠による
ハンドメイド自転車のコーナーがあるのでかすみきってる訳で目を引いたのは面白系

IMG_20161105_130252
まぁ、海外だとたまにある運送系モデル
前に加重パンパン、おぃ、これ曲がれるのか?
フロント加重による制御性の問題を考えた丸石のふらっかーずのアイディアを
真逆にぶっぱしました感あるなぁ
下りでブレーキかけたら後輪浮きそうだなぁ
そもそもキャリパーブレーキじゃぁ効かないだろなぁ
コンセプトデザインであっても実用性、最低限の安全性がないのはどうかなぁ~
IMG_20161105_130229
ほかに私が目についたのがコレ
自転車に12V電装
駆動補助目的ではなく、照明にオートバイや車の12V電装系を乗せる自転車

自動車のバッテリー、昔は鉛系の非常に重たいものだったので
自転車への搭載は重量的に難しかったのですが
昨今リチウム系の軽量バッテリーのおかげで重量問題が解決されました
原付やモトクロスバイクなんかでは結構重宝します
aaaa
スカイリッチのリチウムイオンバッテリー
質量(g) 427
バッテリー容量(Ah) 1.6(10時間率)
CCA(アンペア) 105
寸法(長さ×幅×高さ)(mm) 113×70×85
他社参考品番(GSユアサ) YTX4L-BS

こういうのね、重さ427g
容量が大きくなっても1kg以下、自転車に乗せるのもアリでしょ

自転車のライトね、そりゃ色々メーカーさんがんばってるけど
やっぱ暗いのよ、すっげぇ明るいとかいっても、配光範囲が狭いのよね
ジェントスを何本もぶら下げないと、真っ暗な道は走れない

スポットで何ルーメンとか何ルクスとかうたってるけど
スポットじゃ意味ないのよね、広範囲を明るく照らせないと車検通らないからね
そこで軽量のリチウムイオンバッテリーを乗せてオートバイの12V系ライトを使えないかなと
ハブダイナモは6V系なので倍圧回路はさんで、補助にソーラーパネルを乗せれば十分な充電も可能
んで、概ねの構成と部品の選定まで自分でやったんですよ
プレゼンテーション1
こんな感じで
でも、都内を走る私には夜でも暗い所走る事がねーじゃん
すごいぞ東京、24時間明かるいぞ!
ジェントス1本で十分だぁ~とやらなかったのね
それをやった学生がいたのがうれしくて

IMG_20161105_125640
うんうん、やっぱりスカイリッチ 緑のコレ
やっぱ考えるとコレになるよねぇ
IMG_20161105_125745
んで、アナログ計になるのよねぇ、電圧安定しないからデジタル表示だと
数値がパカパカしちゃって、うんうん、ここまでは私も同じ事考えた

IMG_20161105_125729

んで、ハンドルにつけるドリンクバーホルダーの金具でパネル固定
2点止めできるからこれ便利よねぇ

IMG_20161105_130222
んで肝心の発電部分
私はハブダイナモの倍圧回路と補助にソーラーパネルと考えたけど
この人は、発電までオートバイと同じにしてしまってる
オートバイのオルタネーターを使用
クランクと合体させずに別系統に駆動軸を取って発電している
理論は間違っちゃいないけど、なんだこの構成、フリクションロスの塊にオルタネーターの反発も合わさって
手で回させてもらったけど、ペダルすっげ~重い!
いや、当たり前なんだけどさ

ぶっちゃけ聞いたのよ、これ坂道登れるの?ってさ
学生さん困った顔してたよ

フリクションロス考えるとハブダイナモだよなぁ
前後ホイールにいれればなんもしなくても12V系電源取れるし
実際にやって作った事は大いに評価

世の中、思ってもやらない事ってたくさんあるよなぁ
私もやろうと思って大まかな回路や部品の選定までしたので
やりたい作業全部やって暇になったらやってみたい