QVrYB
今年に入ってホイールを手組みしつつ、スポークが折れたり、ふれたりを
経験しながら、日々ホイール、スポークのことをもやもや妄想しつつ
自転車通勤してるわけですが、ちょっと妄想のたな卸し的な事をやってみます

取りとめもなく書くので文書的には下の下になりますがそれでもよければどうぞ

あくまで私の妄想なので、情報の信憑性はありません
間違いや、良いアイディアがあればどうかご指導願います
o0240032011022397105
体重が65キロ以下の人にはどうでもいい話です
50キロ台の男性は、もぅ女装して男の娘になってください
そんでそのままママチャリでヒルクライムに出てロードぶっちぎってください

私はあんまり速さを求める自転車乗りじゃなく
ある程度の積載量で、快適に移動できる事を目的とした自転車乗りなので
レース嗜好の人には怒られるかもしれん
01bokuharorensu
レーサーやメッセンジャーじゃなくて、行商人としての自転車乗りです
ひゃっはーツーリング行こうぜ!とかありません

ひゃっはー納品行こうぜ!保守しに行こうぜ!終電ないよ~
それでも行くよ~24時間保守だぜ、ひゃっは~です
 
リドレーフレームですけども、おもいっきりコンフォートなテンポです
日本で売ってるリドレーとは種族も価格も大違いです、超安物です

自転車って物はパイプが三角形に繋がってるものに
タイヤ付けてるだけで、マシーンとしてはひょろいよね
軽い人が乗るのと、重い人が乗るのとはでは求められる強度が
全然違うはずなんよ

なのに自転車やパーツの良し悪しに、体重の話はあんまし出てこないのよね
パーツにも一応最大荷重規定があるんだけど、もぅ必死で探さなきゃわかんないトコに
こっそり書いてあるのよね

軽ければ軽いほどいい!みたいな
確かにそうだけど、軽くすると強度が落ちるのが基本です
それをなんとかするには、金を積めよって話ですよ
そんなん庶民には無理
c6af80d7
実は私は重い!何キロとかちょっと言えない
プレスポがデフォで12キロです
んで、重たいマラソンタイヤ、泥除け、キャリア、前カゴ、リュック、パニアバッグ
あっという間に合計20キロ超えます
リュックとか本気で詰め込むと軽く5~6キロになります

元々サーバ筐体をリュックにいれて自転車移動する為に買ったので
サーバが10キロ~20キロ、HDDてんこ盛り、電源容量によっては
30キロを超えます

仮に私が50キロでも、これで100キロ 0,1トンです。

images
日本の自転車のJIS規格では乗員重量を
幼児車 20キロ
子供車 40キロ
一般車 65キロ
としています

積載加重は
スポーツ車10キロ
シティ車15キロ(いわゆるママチャリ)
実用車 30キロ(新聞屋さん、郵便局仕様の自転車とか)
小型車 10キロ

乗員は65キロぐらい 荷物積んでも10キロくらい
だよね
お米買ったら、その時点で荷物10キロやん
idx_img_mark

また別の規格でBAAだと分類は8種

1.スポーツ車(MTB類形車を除く)
2.MTB類形車
3.シティ車(メインパイプが1本)
4.シティ車(メインパイプが2本以上)
5.折りたたみ車
6.幼児車
7.電動アシスト自転車等
8.幼児2人同乗用自転車

プレスポも標準仕様のパーツもだんだんなくなってきたし
ロードはフレーム買いの自分組み立てだし
こういうJISやBAAとかね、そういうのも知っておくべきかなと
脱線してきた、規格の話はまた別の機会で
o0240032011022397105
荷物が少ない時には快適に走れるんだけど、荷物が多いとね
確実にスポークテンションが狂うというか、落ちる

この半年、ホイールの手組みしてみて
乗車中はリアのスポークがどうなってるのか
締めたらどうなるのか、ゆるいとどうなるのか
走りながらリアホイールの状態をお尻で感じつつ毎日通勤してみました。

重いと、段差、登り坂、リアのグリップを効かせた時、漕ぎトルクがガツッとかかったときに
スポークがたまに支えきれなくなってます

上手く説明はできないけど、ホイールに負荷がかかったときに
スポークとリム、ハブの3角形が
elephants-300x231
俺!力強く支えてますからぁぁぁぁ!って感じと
あ、あ、あかんって言う感じが、お尻で区別できるようになって来ました。

スポークのテンション、リムの剛性がしっかり効いてるときは
衝撃もダイレクトに来ますがガツッとストレートな波形がきてタイヤでぶにゅっと着地する感じ

あかんときの衝撃は、ガチャっと衝撃にディレイがかかった感じ
んで、そういう後にスポークを調べると
テンションが下がってます

お尻感覚は私の匙加減なので適当な事言ってるんですけども
p50_20110528_135832
スポークテンションが落ちるってのは、ほんとです
ちゃんとスポークテンションメーターで計ってます
パークの奴買いました

これが32H分32本、綺麗にバランスよくテンションが落ちればいいんですが
衝撃で落ちるときは、衝撃に関わったスポークだけがテンション狂います

すると、そこだけセンターが狂って、いわゆるフレになってしまいます
酷くなるととブレーキシューにそこだけこすれます
スポークテンションは落ちれば落ちるほど落ちやすくなります
なので、1本だけガクガクになったりします
 
狂ったままにしておくと、左右から支えてるスポークの片側が仕事しなくなったり
仕事しすぎて過労死したりする 

200センチに天井があるとして、この天井が上から押されて下がってきたとすると
170センチの人と150センチの人が同じ天井を支えてても
負荷に抵抗してるのは170センチの人がほとんど全力で支えてる形になっちゃって
んで、折れる

リムが振れる、スポークが折れる、シュー当たりするとか
縁のない人には、ほんとに縁がないんですけど、耐加重以上の負荷をかけてる人には
よくある話です。

重くなくても、ペダル踏み力がすごい人でもなります
デブと豪脚で発生します。

こういうこと言うと、外国人はでっかいし100キロくらいある人がロードレース出てる!
とか言われるのですが
いや、ちゃんと外国人もデブはスポークポキポキ折ってます

やべ、スポーク折れた、修理費用ってどんくらいよ、マジで
自分でなおせる?

とか、その国の2CH的なトコで困ってますので
Broken Spokeとかでぐぐって翻訳するとタノシアルネ

フレームももちろん強度問題があるけども
これは自分でどうこうできないし、そう簡単にほいほい交換できないものだから
考えから外すね
 100301chui2
でも、1万円以下のバイクはフレームもやばいよ
MTBもどきとか、普通にある日いきなりフレーム折れるよ
ちゃんと、悪路走行禁止ってシールがこっそり張ってあるから

フレームを除くと、耐加重性能は、ハブ、スポーク、リム、タイヤ、シャフトが担うわけです
んで、これらは、右と左の三角形が上下4つくっついて菱形で形成されています

スポーク長計算を真面目に手動でやると、普通に三角関数の計算になります
底辺と高さを測って、三角関数で残りの辺の長さを出す計算になります

底辺はハブとシャフト 高さはリムできまり
斜めの強度はスポークに依存します
細かく言うとニップルだとかありますけども

底辺は広いほど強度があります
ロードエンド幅130 MTBが135 実用車が140~145でバラバラなのは
求められる強度が違うからです

エンド幅は広いほうが丈夫です
クロスバイクで130と135がありますが
体重や積載重量、路面の荒れ具合で選ぶといいかもしれません
友達が重そうなら135で
超重い友達なら、29erのMTBとか勧めたほうがいいかもしれません

これ言うと、昔は126ミリだったよ
それでもツーリング荷物満載でやってる人はいたって事になるんだけども

いわゆるツーリング車は26インチや650のタイヤで少し小さめのタイヤで
スポーク本数も多く、自分でフレやテンション調整ができたり
シャフトの固定がボルト締めだったり、それなりに予算と知恵を足回りにかけて 
タイヤを衝撃吸収性の良い物にしてホイール負担を下げたりね
わかってる人のたしなみだった訳で
そんなんやる人だいたい、細いしさ
ツーリング積載にもコツがあってリアには加重は低めに抑えたりするモンらしいです
ってね、峠輪業のじっさまが言ってたよ

やる人はね、折れようがなんだろうが、今も昔もやるのよ
外国人のマッチョも時々スポーク折りながらでも、楽しく自転車漕いでるのよ
そもそも、私は荷運びなら、車かバイクでやれ!って話やん?
みんなマゾか変態の親戚筋だよ 

三角形は高さが低いほど耐加重性能が高い
とんがって長くなればなるほど加重強度は下がる
700Cはタイヤサイズが大きくて、加速性も良く素敵だけど
ホイール強度的には
三角形強度的には、ちょと高さが高すぎる

ペンシルビルと、広い敷地で平屋建てだと
そりゃ、条件一緒なら、平屋建てのが地震には強いです
私はエスケープを選択肢には入れれませんね

3人乗り自転車に20インチが多いのは
子供乗せスペースの確保もあるけど、耐加重性能的な意味もあるんやろなぁ~とか

スポークだけでなく金属加工技術では現代のがはるかに優れてて
軽かったり、細くても昔より強度があります
昨今40Hのリムやハブはあまり見かけなくなったけど、昔は普通にあった
だんだん36Hもお買い得品が減ってゆく・・・困った

最近ロードもギアが増えて、おまけにディスクブレーキもつけよかーみたいな話で
実質のスポークと繋がる三角形の底辺が半分くらいになりそうなので
エンド幅増やす?どうする?とモヤモヤしてます

◆ハブ
ハブはそうそう交換もできませんけども
硬くて丈夫じゃないと、スポークはハブの穴に首ひっかけてるだけですから
スポークは折れても交換できますが、ハブの穴が負けちゃう訳にいかないので
丈夫である必要があります

◆シャフト
クイックシャフトとか、ハブとシャフト一体型とかありますが
フレームのエンドとハブをきっちり固定しつづける必要があります
ここがやわいと、三角形の底辺位置がぶれて三角形の強度が下がります

◆スポーク
スポークは太くて丈夫なんがそりゃ良い訳ですよ
スポークも伸びます
伸びるっていうか、折れる手前、ひっぱられすぎて金属的に
だる~んってなります
あんましキンキンに締めると結構すぐなります
逆にスポークがそうならなければ、スポークがリムを食い破ります
丈夫でなければいけないけども、一番最初に壊れるのはスポークでなければいけません

特にリアのスポークは、加重を支える仕事をしつつ
クランクからスプロケ、そしてハブへと伝動してきたトルクをスポークがひっぱって
タイヤをまわしてます
穴から進行方向逆向きに生えてるスポークがトルク伝動の仕事をしてます
ダウンロード
プロレスラーがやるジャイアントスイング
足持って回す奴、あれを32人が32人をぶん回してるのが32Hでのトルク伝達
32人が32人を円になって等間隔でジャイアントスイングしてて
回されてる人が死にそうになるのはどういう時かって事よね
 
ブレーキかけたら逆トルクがかかるし
ディスクブレーキなんかはリムじゃなくスポークにダイレクトに力がかかるので
130ミリで11段でディスクブレーキ?

前に後ろに加重がかかって、上から体重の加重がかかって、路面荒れてたら路面からの突き上げも食らって
デブはやっちゃダメだと思う

じゃぁ、商品を積む行商人の自転車としてホイールをどうすればいいかと言う所で

お金めっちゃかかるのは無理
レアグッツすぎてなかなか手に入らない部品は使えない

ってなると
スポークも13番、12番と言うわけにもいかず
14番手が一番、流通してて手軽に入手できる
お値段的には、星14プレーンが、がんばってDTチャンピオン2.0プレーン

ホール数は36Hが限界、40Hは一般向けにはない

リムは、マビックとかベロシティの丈夫系とか
OPENPROとかいいのはわかってるけども1本8000円もするのよね~
う~ん、う~ん、悩む
でも8000円なら買えん額でもないしね
いやぁ、プレスポにそんな金かけてもなぁ
う~ん、う~ん、保留

タイヤは太いほどいい!
けども走行性も大事、どこで妥協するかってとこですが
やっぱり28Cだと思います

28Cならテンポでもプレスポでも使えるし、私的な妥協点は28Cにしました。

んで、シャフト
スルーアスクルで三角形の底辺を超タフネス仕様に!ってのが最近流行ってますけど
まだまだ金持ちの道楽っぽいので今回はパス
クイックじゃなく六角締めの奴できっちり締めるのが一番いいと思いますが
小まめにホイールメンテしなくなりそうなので
クイックでなるべく良い奴
本物の自転車乗りさんは、1本で1万とかそんなの使ってるらしい
う~ん、前後2本で3000円くらいでカンベンしてよ

行き着く先が700Cのランドナーが欲しいって言うのはなんとなくね
700Cのグレートジャーニー買ったほうが速いけども
自分で組んでみたかったんやもん、勉強も兼ねてね
 
上の対策でもダメなら650でもいいかもしれん
どうせ手組みするんだし


とかが~最近の妄想の経過です。

そこは間違ってるよとか

こういう便利アイテムあるよとか

私がサーバ背負って坂道を立ち漕ぎしても、へこたれない自転車になるようなお知恵があれば
よければご教授願います
暇あれば、こんな事ばっか考えてぼ~っとしてます



その後色々乗って見て追記 2017/1/10
****************************************

0.1Tユーザーはいわゆるペダリングの為の剛性ではなく
荷重に対する強度を考えなければなりませんが
雑誌や自転車わかってる系ブログの人はみんな一流アスリート
痩せマッチョイケメンだったりするので、世間の公開情報は一切あてになりません
24Hだから駄目って訳でもないと思いますが
もうトラインドエラー、乗ってみて、段差の時のホイールの軋み
スポークの具合をお尻の皮膚感覚を研ぎ澄まして感じて
自分の体重、自分のフレーム、ホイールで大丈夫か判断するしかないかと
私の感覚では32H リア4.6組のアルミリム、アルミ星#14スポークで
限界はフレーム・荷物・人間込み重量130k~150kg 
130kgを超えるとフレが出やすくなり
乗車時にスポークの軋みを体感できるようになります
意識してそ~~っと走れば限界200kgでした
それを超える場合は、もう降りて押すか
サイクルキャリアなどで荷物を引くしかないかと

加重のコントロールでホイール負荷もある程度制御できるので
乗車テクニックでもだいぶ違ってくるとは思います

0.1Tユーザーの集うコミュニティやパーツレビュー
自転車界のサガセン!
みたいなのがあればいいのですが乗る人は痩せるので存在しえないコミュニティなのかもしれません
なので、私はダウンヒル系の記事を参考にするようにしています

日本人は軽量な人がほとんどですし、EUはイケメン細マッチョばっかりですが、アメリカはピザデブがダウンヒルしてます!!
しかも訴訟大国です、壊れるくらいなら重くても強度を取ってきます
アメリカのぽっちゃり自転車乗りの意見が非常に参考になります

フレがあるとスポークも折れやすいので
小まめにフレとりとか、スポークはサピムストロングにするとか

あ!肝心な事忘れてた
一杯自転車こいで痩せる・・・・これに勝る物なし

私は乗り始めて4年になりますが、まったく痩せません
グルメライドが要因だと思われ
ぐふっ

最近はファットバイクも充実してきたのでそういうのもアリなのかもなぁ 
ファットが乗る為のファットなバイク